研修

2021 ものづくりワークショップ

ワークショップ申し込み開始しました

主催
特定非営利活動法人 さっされん


目的
小規模事業所等への商品開発手法の提供


事業の内容
当法人は、札幌市の元気ショップを運営受託し、障がい者施設が製造販売する製品の受託販売を行っています。
障がい者が通所している事業所は正気な事業所が多く、小規模で小回りが利く反面、新製品開発や販路拡大能力が乏しく、他事業所が製造した製品のマネをして製造するケースが多い。その結果、同じパイの取り合いが生じ個々の売上が伸びない状況です。
一方で、消費者は、障がい者製品であっても新作や事業所独自のオリジナル性が高い商品を求めています。
そこで、事業所製品のオリジナリティを高めるための、商品開発手法・改良の視点、包装(パッケージ)等、商品の素材、デザイン、他事業所との連携など商品にかかわると知識の共有を図り、新商品開発等に結び付けることを目的に以下のとおり、ワークショップを開催します。
今回は、実践方式であらかじめ設定する検討課題にもとづきグループ内で検討します。

事業計画
第1年度(2020) 1 商品の開発モデルを抽出して、①商品開発コンセプト、②素材選定、③パッケージデザイン等の検討
2 開発された検討をもとにワークショップを開催
第2年度(2021) 1 ワークショップ開催
2 商品化システムマニュアルの提供

ワークショップ概要
日  時 第1回 1グループ 令和3(2021)年11月16日(火)17:00~
2グループ 令和3(2021)年11月18日(木)17:00~
第2回 1グループ 令和3(2021)年12月16日(火)17:00~
2グループ 令和3(2021)年12月17日(水)17:00~
会  場   ZOOM
参加料 無料
テーマ 2021ものづくりワークショップ ~障がい者事業所製品の商品化への開発手法研究~
検討課題 1グループ 商品にふさわしいパッケージ等のありかた
2グループ コメ販売のためのパッケージデザイン
アドバイザー 横溝   賢 氏 札幌市立大学 デザイン学部 准教授
専門は情報デザイン。 地域の生活世界を市民と共に描き出すことから、その土地に根ざして暮らすことの価値を学びあう活動のデザインに関する研究をおこなっている。 2018年より、科学研究助成事業 基盤研究C「当事者デザインを循環させるための社会実践型ラボラトリーのモデル構築」に関する共同研究を進行中。 2020さっされん委託調査(ものづくりワークショップ)実施
小島 功嗣 氏 ㈱グッドジョブプロジェクト 代表取締役
㈱バンビロック 取締役副社長
㈱BRミール 専務取締役
NPO法人岩見沢あかり家 理事
札幌第一高校卒業後 広告代理店入社 印刷物、すすきのタウン情報、イエローページ等の広告制作デジタルハリウッド札幌校 講師 ゲーム・パチンコデザインなどの動画制作、映画CG制作を歴任 平成20年 ㈱Goodjobprojectを立ち上げ現在に至る。 数多くの企業のデザイン、プロダクトデザイン、ブランディング、Web制作、システム、動画制作を担当。
内容 1 グループワークで具体的な商品開発を実践
2 グループ討議結果の発表

申込
申込先 https://iakariya.org/sasaren-workshop/セミナー申し込み-お問い合わせ
申込期限 令和3(2021)年11月12日(金)
申し込み区分 1 グループ 2 グループ
その他 参加希望者には、ミーティングID、パスコード及び提案説明書を、後日送付します
ワークショップ申し込みはこちら

3月25日 公開セミナー録画映像 令和3年3月25日 17:00~ 配信期間:令和年3月25日~約1カ月
3月25日公開セミナーの申し込みは終了しました!    
第1回 WEBセミナー 録画映像
第1回 WEBセミナー 録画映像 2021年3月5日 14:00~ さっされん ものづくりワークショップ 障がい者事業所製品の商品化への開発手法研究 :配信期間:2021年3月6日~約1カ月 さっされん ものづくりワークショップ