タイトル

元気ショップ店長 就任挨拶

10月15日付で元気ショップ店長に就任致しました。

半月が経ちましたが、まだ事務局やスタッフの皆様にはご迷惑をおかけてしており、早く仕事を覚え動けるよう連日体にムチを打っているところであります。

簡単に自己紹介をさせていただきますと札幌生まれ札幌育ちで、札幌オリンピック開催前年の昭和46年に札幌市に奉職し、37年間勤め平成20年に定年退職、その後5年間金融機関にお世話になりました。

今年9月に事務局長から打診された時、「えっ私が」と驚きでしたが、同時に大変光栄なことだとも思いました。元気ショップについては障がいのある方が施設や作業所で制作した製品を販売していることは承知しておりましたが、パンは近くのスーパー、コンビニで買っていました。

そんな私ですが、このご縁に感謝し挑戦することにいたしました。

元気ショップは、平成17年に行われた「市長とおしゃべりしませんか」での要望がきっかけで、平成17年12月に開設され、今年で9年目を迎えます。売上も年々伸びて、本年度は9千万円を目標に取り組んでおり、1億円も見えてきたところです。

昨年12月に現在地の地下鉄南北線大通駅コンコース内に移転オープンしましたが、ここは市民や観光客の通行が大変多いところで、立地条件としてはこの上ない一等地であります。しかし、お店に魅力ある商品がなければ素通りされます。市民が「あっこれは素晴らしい」と手にしたり、観光客が「お土産に」と購入するような品を取りそろえていれば、サイクロン掃除機のような強力な吸引力となり、お店は人で溢れるのではないでしょうか。

多くの人にご来店いただければ商品も売れ、さらに障がいのある方や施設製品に関心を深めていただけるものと思われます。

私は販売については素人ですが、このようなショップの店長を任せられるのは身の引き締まる思いであります。一人でも多くのお客様に「来てよかった」「また来よう」と思っていただけるように誠心誠意努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

元気ショップ店長 青野 泰明